【近況報告】ショーミキゲンが過ぎたら、永遠の姥桜の木になろう。

91vrWE0O3ML._SX355_.jpg

近況報告ですが、今月はひっそりニートをしております。
と言いましても、フリーランスでふんわり毎日仕事をしているので、「平日だけど朝勃ちおさまらないから来てしゃぶり抜いてくれるやついない?」「平日休みのひとあそぼ〜〜〜!」みたいなことも全くできない今日このごろ。

スポンサーリンク






天気が良くても桜すら見に行かず家で作業をしながら、なるべく金を使わないようにと賞味期限が盛大にすぎた乾物やレトルト食品の在庫とかを度胸試しで食べたりしつつ、合間にソンクランに行くお友達のツイートやインスタを眺めるのみの生活。
うん、三年くらい前は僕もソンクランに行ったよ……その頃に賞味期限が切れたものを、今僕は食べているんだ!

しかし三年くらいの賞味期限なんてかわいいものです。
一般的な女性の賞味期限が二十歳前後だと仮定するならば、私なんてすでに10年以上は賞味期限を過ぎています。
ゲイはいくつになっても一生需要があるとか一部では言われてますが、それは三十代で筋肉をつけ四十代で金を持った努力を怠らぬ一生現役組、もしくは超いけめんだけの話。

普通の「若いからかわいい子」はだいたい25くらいから曲がり角すらなく激突してしまうのです。

それでは聞いてください……

ニコ動埋め込みでごめんなさい。

この動画の見どころは「(芸能活動続けてた組を見て)コストさえかければショーミキゲンは大幅に延ばせる(きれいなおばさんでいられる)」
というところですので(まあ、ここに出られてる人たちは十分きれいなおばさんなんですけど)、お若くてキレイな皆さんはぜひスキンケアやジムなど、お金と時間というコストをつぎ込んでみてください。

俺たちの6割はそれで失敗してるから。うん。二丁目デビューから20年分たっぷり見てきたから。

永遠の桜の木にはなれなくても、欲がキレイに咲く姥桜になろう!

でもショーミキゲンは過ぎても「食べられるけどおいしくないかもよ?」ってだけなので、
まあ過ぎたら過ぎたなりに楽しめればいいのでは、と引きこもり気味ニートおじさん(33)は思います。


▲ババアの骸に鞭打つ1円

そうだ、ブログをこっそり再開しよう。もう僕はここから動けないよ……。
ということで、そういえば当ブログの根幹である「地の果てよりお届けする最新LGBT情報」を中心に、ぼそぼそ書いていきたいと思います。
(ここから一週間くらい空くのが常ですが、なるべくサクッと書きたいです)

あ、あと
平日休みのひとあそぼ〜〜〜!^^


▲若くても切れるショーミキゲンはあります


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック